「借り換え審査」って甘いの?

カードローンやキャッシングといった融資商品には、審査がつきものです。また、提供する金融機関によってその厳しさは異なります。例えば、銀行は審査が厳しい上に融資を受けることができるまでに時間がかかる、消費者金融は審査が緩く、融資までのスピードが速いが金利が高めである、などの特徴が挙げられます。
ローンを考える上で審査は絶対について回るものですが、厳しすぎない審査であればありがたいですよね。特に、様々な理由で借り換えを考えるようになった方であれば、必ず考えるものではないでしょうか。
借り換えの基準は人それぞれ異なります。住宅ローンや自動車ローンの借り換えなど、「大きな買い物」に対する借り換えであれば、一般的に銀行や信金、元々ローンを組んだ金融機関に相談すれば、大抵うまくいくことでしょう。
しかし、多重債務からのローンの一本化を目指す方の場合、人に相談するのもはばかられるかもしれません。ですが、借金の一本化のための新しいローンを組むことは、大きなメリットを生むこともあります。
例えば、複数の借金をまとめて一括で返済することになりますので、金利が計算しなおされます。金利は日割りですので、返済期間が短くなれば利息も少なくなりますから、毎月の負担を減らすことにつながります。
このように、数社の返済を長々と続けていくよりも、一本にまとめてしまった方が、長期的な目線で見るとお得になるのです。特に、一本化を考える人はそれなりに大きな利息があるはずですので、それをかなり減らすことが可能になる、という大きなメリットになるのです。