専業主婦が複数のカードローンを活用する際の注意点

もしも暮らしの中でお金が不足してしまった場合には、それらを埋め合わせる方策が必要です。それは専業主婦という立場も変わりません。家族の食費や生活費、子供の教育費、そしてコスメやエステ、美容室、ファッションなどにかける出費も大切なもの。これらの不足時には消費者金融における借入サービスを活用すると気兼ねなく簡単に融資を受けることが可能です。とりわけカードローンは、一枚の個人カードを発行することで近場のATMからいつでも手軽にお金を借りることができるようになるという優れもの。多くの老婆には申し込んだその日に即日審査、即日融資が行われるので、差し迫った支払い期限などにも余裕を持って対応できるはずです。

しかしながら専業主婦がカードローンを活用するにあたっては注意点もあります。もしも消費者金融から借入を行う場合には総量規制について考えておく必要があります。これは利用者に対しての貸付限度額を年収の3分の1以内とするという決まりのこと。複数の業者と契約していてもこの規則は適応されますので、すでに他社から借入を行っている場合には新たな借入先からの融資限度額は当然ながら低いものとなります。

その一方で銀行のカードローンを始めとする借入はこの総量規制の対象外です。さらに銀行特有の金利の低さなどもあって、条件によっては消費者金融以上の利便性を享受できる人もいることでしょう。ただし、審査基準は銀行ごとにバラバラですし、中には消費者金融以上に厳しいところもありますので、どこが自分にとって条件が合致するのかをきちんとネットの口コミなどでチェックした上で最終的な消費者金融及び銀行を選択する必要があるでしょう。