カードローンの返済方法の選択肢について

カードローンを利用するときには、まず借りることを第一に考えます。しかし、カードローンは借りてから返済を完了するまでが取引です。利用するときに返済が始まってからの条件も事前に確認することが非常に大切です。

当然、利息の比較は大切な要素の一つです。利息の差によって返済する最終的な金額にも差が出ます。忘れてしまいがちですが、利息は毎日影響しています。

利息と同様に、返すときの支払方式も大切です。支払い方式には二つの方式があります。元金均等方式と、元利均等方式です。名前だけだとわかりにくいのですが、

元金均等は、借入残高の元金が一定で、それに金利分が上乗せされた金額を毎月返していきます。例えば、毎月1万円の元金返済だと、1万円に一か月分の金利を加えた額がその月に返す金額になります。新たな借り入れがなければ月ごとの返す額は少しずつ減っていき、元金への充当も決まった額となるため一定のスピードで借入れ残高が減っていくという特徴があります。

元利均等は、金利に関係なく毎月返す金額が一定となります。元金残高や金利に関わらず一定額返すこととなりますので、借り入れしてから日数があまりたっていない時期には元金が減りにくいという点がありますが、一方で毎月の返済が一定であるため計画性に優れていると言っていいでしょう。銀行のローンでも元利均等である場合も少なくありません。

いずれに関しても、事前にメリットとデメリットを比較して、気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。