専業主婦は夫に内緒でカードローン を組めるの?

カードローンでお金を借りたい専業主婦のほとんどが、周囲の人には内緒で利用したいと考えています。特に夫には知られたくないと思っている人は少なくありません。

自分には収入がなく生活費をはじめ夫の給料に頼っている立場上、借金の事実はできるだけバレないほうがいいですよね。
中にはキャッシングの利用が原因で夫婦関係がギクシャクしてしまったと、という例も実際にあるほどです。

でも専業主婦でもいくつかのポイントを押さえておけば、夫に内緒で借りることが可能です。具体的にはどのような点に気をつければよいのでしょうか?
無職の専業主婦は総量規制の対象である消費者金融は利用できません。でも自身に収入がなくても配偶者に定期収入があれば、
総量規制対象外の銀行カードローンに申込みできます。銀行カードローンの中でも「専業主婦OK」と明記されているタイプのものを選びましょう。

専業主婦向けカードローンでは、配偶者の同意書や収入証明書の提出は求められません。必要書類は本人確認書類だけなので、
手近な運転免許証や健康保険証を準備するだけで手軽に申し込みが可能です。これなら旦那に相談せずにこっそり利用できますね。もちろん担保や保証人も一切不要です。

申込方法はネットか自動契約機が簡単・迅速・便利です。店頭にいく手間や時間も大幅に節約でき、郵送申込のように審査回答に時間がかかることもありません。
カードを自宅に郵送されたくなければ、自動契約機に出向いて契約と発行の手続きをしましょう。
また利用明細の郵送をストップしてWEB明細の利用手続きをすると、自宅への郵便物の心配がなくなります。

銀行カードローンでは月々の返済額を少額から設定することも可能です。
延滞が続くなどトラブルが生じると自宅へ電話がかかってくる可能性もあるので、日頃から返済計画を立てながら借りすぎにはくれぐれも注意しましょう。
旦那に内緒でお金を借りるポイントを紹介で詳しく書かれています。